事業承継とは?承継のパターンって?

事業承継とは、企業が行っている事業を他の人が受け継ぐことを指します。従業員の数が多くて後継者となる候補もたくさんいる大企業では、経営者があるタイミングで部下の中から後継者を見出して事業承継させることはよく行われていますが、経営のトップの手腕が強みである魅力となっていることが多い中小企業では事業承継はその後の企業の浮沈にかかわるため、タイミングや承継方法の選択が非常に重要な問題となります。

今日行われている事業承継のパターンは大きく、親族内で承継するパターン、親族以外の従業員に承継させるパターン、まったくの第三者が承継するパターンの3つに分かれます。

 

事業承継3つの承継の方法

ひと昔前までは中小企業の事業承継は親族内で行われるケースが圧倒的で、自身の子供やいとこなど、経営者本人より若い人に引き継がせることがよく行われていました。親族内での事業の引き継ぎは、社内の人達や取引先の関係者から受け入れられやすく、早い段階で決めておけば引き継ぎの準備にかける時間を多くとれる点がメリットですが、後継者として見出した親族に経営能力があるとは限らず、経営者が突然亡くなると経営権などを巡って争いが起こって後継者が決まらず、企業内が混乱するおそれがあります。

一方、親族以外の従業員への事業承継は、親族に有力な後継者がいない場合やそもそも従業員として働いている親族が一人もいない場合にしばしばおこなわれます。企業が行っている事業に精通しているため、他の従業員からの理解が得られやすいですが、債務保証などいくつかの引き継ぎにおいてトラブルが発生するおそれがあるため、手続きは慎重に行う必要があります。

これらに対して、近年大きく件数を増やしている事業承継のパターンが第三者への引き継ぎです。企業が出す条件を満たす買い手を見つけるのは大変ですが、外部の優れた者を招き入れることで企業内が活性化することがあるほか、事業売却によって多額の利益を手にすることができる可能性があります。