事業承継のメリット

 

企業の経営者が後継者と話し合いをし、将来的に経営者を誰にするのか、後継者に地位や不動産をどのように引き継ぐのかを決定するのが事業承継と呼ばれることです。事業承継のメリット・デメリットをまとめました。

メリットは、創業家としての地位を継続することが出来るということがあります。特に親族に承継するという場合、経営者を退いた場合でも一定の影響力を与えることが出来ます。企業の中には経営者が創業家出身者が引き継いでいるということも珍しくはありませんが、一貫性を持った経営をすることが出来ます。

そして、業務をスムーズに承継する事が出来るということもメリットでしょう。社内の業務を十分に把握している人に承継することが出来れば、これまでの理念を引き継ぐことが出来ます。

 

事業承継のメリット

一方のデメリットは、事業承継の場合、事業の債務として創業家の経営者の個人保証も含めて引き継ぐことが必要となります。そのため、後継者としてリスクも引き継がなければならないということを認識し、検討する必要があります。また、従業員が承継する時には、個人保証の引き継ぎを拒んだり、創業家の経営者の個人保証の全てもしくは一部を金融機関が解除しないということが考えられます。

事業を承継する候補者がいる場合、資金調達が問題となります。資金を得る方法は、後継者個人が金融機関に借入の申込をする・後継者に企業が資金を貸し出すなどがありますが、返済原資に税引後のお金をすること、個人の信用問題からハードルは高い問題と言えるでしょう。資金を調達することが出来ないという場合、株式を安く後継者に譲るという方法もありますが、不当に安く株式を譲った場合には低廉譲渡であると判断され、後に多額の税金が課税されることがありますので、注意が必要です。

子供や親族に事業承継をする場合、経営スキルが十分でないと、従業員からの反発が出ることもあります。経営者としてのスキルを見極めることは簡単ではないため、誰に承継しても同じようなことが起こる可能性はあります。