事業承継の後継者不足を解消するサービスって?

 

昨今事業の後継者不足が叫ばれており、その理由としては子供の数が減少している少子化問題や、事業主である親が子供にはもっと自由に働いてほしいと望むといったケースなどもあり、とくに小規模な事業や交通の便の悪い場所などの立地条件なども重なると、より後継者不足が深刻になる可能性も高まります。

もっともそんな後継者不足問題に対しても、それなりの対策は存在しています。たとえば一番簡単な方法は、やはり配偶者や子供に後継者になってもらうという方法で、事業主が配偶者や子供に素直に頼めば、意外とすんなりと承諾し、後継者となってくれる場合もあります。さらに子供や配偶者でなくても他の親族や、会社内に後継者候補を見つけることも不可能ではありません。これならば経営方針や事業内容もすでに把握している場合が多いため、とくに問題なく事業を引き継ぎやすいといったメリットもあります。ただし必ずしもこういった後継者がどこでも存在しているわけではなく、存在していない場合は、会社外や親族外から後継者を探す必要があります。

事業承継の後継者不足を解消 そのための方法

そのための方法はいろいろあり、知人の紹介や張り紙などで募集するといった方法もありますが、やはり最近注目されているサービスとしては、インターネットを活用することです。たとえば後継者候補を探す専門の求人サイトならば、最初から後継者になりたい人と後継者が欲しい人とのマッチングとなるので効率的ですし、インターネットを利用する方法なので募集数も多く、簡単に後継者候補を探すことが可能です。

 

また最近では事業継承のことならなんでも相談にのってくれる相談窓口や、オーナーと後継者とのマッチングを専門的に扱っているM&A専門業者なども存在しています。これらのサービスについては基本的に相談などについては無料のことも多く、インターネットでのアクセスが可能なことがほとんどなので、利用しやすい環境も整っています。それゆえに身近に後継者となるべく存在がいなくて悩んでいるオーナーは、こういった現代的なサービスを利用し、後継者を探し出すという方法もあります。”